わたしの席のすぐ横で、カップルが信じられないことを始めてしまいました
わたしの席のすぐ横で、カップルが信じられないことを始めてしまいました
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/06/29
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
わたしの席のすぐ横で、カップルが信じられないことを始めてしまいました 第1章 放課後の教室で
 まさか教室でここまでするとはとても考えられないし……じゃあ、そもそもわたしの思っているようなことはなにも起きていないのかも知れない。
 そうだ、二人はただ単に、それっぽい真似をして、わたしをからかっているだけなのかも知れない……
 そう希望的観測に逃げるわたしであったが、
 ちゅっ、ちゅっ、ちゅっ、
 と、粘液の擦れ合う音が聞こえてきたことに、もうこれは冗談ではないことを確信するしかなかった。
 いや、二人にとっては、この程度は冗談の範疇なのかも知れない。
 でも……
 ただわたしをからかいたいというそれだけのために、こんなことまでするなんて……
 ちょっと……
 信じられない、この人たち。
 そんなことより、わたし、どうすればいいの?
 走って逃げてしまいたい。
 でも、震えてしまってそれが出来なかった。
 二人の行為がどんどんエスカレートしていく。
 武田は腰を突き上げながら、両手を伸ばし、春美の胸を揉み始めた。
「あーーっ、あーーーーっ!」
 春美はさらに大きな声を上げた。
 なにしてるの?
 本当に、なにしているの、この二人は。
 学校の教室なのに。
 自分たちだけならまだしも、ここにわたしがいるというのに。
 ……誰か、助けて。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ