わたしの席のすぐ横で、カップルが信じられないことを始めてしまいました
わたしの席のすぐ横で、カップルが信じられないことを始めてしまいました
成人向完結
発行者:竹井克
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/06/29
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
わたしの席のすぐ横で、カップルが信じられないことを始めてしまいました 第1章 放課後の教室で
 わたしの名前は村田史絵。
 高校一年生だ。
 現在わたしは教室に一人残って、文化祭のため任された仕事をやっていた。
 しんと静まり返った教室であったのだが、
「だからそれは違うってえ、バーカ」
「えー、違くないよお」
 突然賑やかな声が聞こえてきたかと思うと、後ろのドアがバンと開いて二人の男女が入ってきた。
 振り返って見るまでもない。
 同じクラスの、武田新治と須本春美だ。
 二人は付き合っており、たいていいつも一緒に行動している。
「いやいや、だからお前それはさあっ」
「ん、なんか文句あんのお?」
 などと言い争っている二人。その延長なのか分からないが、教室の中でいきなり取っ組み合いを開始した。
 手を四つに組んだまま、わたしの机の脇を通り過ぎて教室の一番前まで行ったかと思うと、須本春美が押し返して、またわたしのそばまで近付いてきた。
 武田新治は、組んだ手を解くと素早く春美にヘッドロックをかけた。そのまま身を沈め、床の上で締め上げる。
 だが、春美はそれを振りほどいて、
「油断大敵!」
 と、武田を転がして仰向けにし、その上に馬乗りになった。
「くっそ、重い、動けねえ」
 武田は悔しそうにそう言ったが、その顔は笑っていた。
 春美は小柄で、どう見ても四十キロくらいしかない。男子が跳ね返せないほど重いはずがない。
 わたしは興味ない振りをしてノートと睨めっこをしていた。さも困ったような表情を浮かべてみたり。
 ちらり、と横目で見てしまったのだが、春美の跨がりかたは、なんだか不自然であることに気が付いた。
 喧嘩で馬乗りになるのであれば、普通は胸や腹の上ではないだろうか。ところが彼女は、彼の腰の辺りに跨がっている。
 冗談にせよ喧嘩をしていることを考えると、不自然なのはそれだけではなかった。
 武田新治が文句をいっているだけで、まったくの無抵抗であること。
 須本春美が、自分のスカートの中に手を入れて、腰を上げて、なにやらもぞもぞと動かしていること。
 どくん、
 それを見た瞬間、わたしの心臓がはね上がった。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ