淫獣番外編新章
淫獣番外編新章
完結アフィリエイトOK
発行者:李醒光
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF
シリーズ:15才以上閲覧可能

公開開始日:2012/06/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
淫獣番外編新章 第1章 煌の子供
「でも、こんなCD、役立つのかしらね」

煌は全5巻で5千円元するCDを購入した

その後、エレベーターで飲食店が軒を並べる10階まで上がり

点心の店に入る
一番安いので肉まん二つで500円元で他は一皿千円元円以上するので生活が窮してる

上に昼を食べたばかりの龍破と麗美は迷ったが今月には特務警備隊から報酬が入るので監視するため煌達の視界に入りずらい場所に席に座ることにした

龍破と麗美は陀颶蠡達の方を見ていると煌は子供に優しい目をむけ笑顔を見せている

「陀颶蠡、この子をどういう風に育てたい」「半年前までは特務警備隊と戦いを繰り広げていたけど戦いとは無縁の優しい普通の女の子に育てたいなぁ」「私もそう思うんだけど天上界と下界のゲートが開けられたままでしょ、危険に晒される場合もあるから3歳位になったら戦闘訓練を受けさせよか、思ってるの陀美糯なが生まれて半年になるけど不定型淫獣が暴走したとか、魔界から来た者が下界の支配するための組織を作り戦闘になってる、地域も今の所ないんだけど
最近アクサ地区に魔導工房所なる物ができたらしいし」「そう思うなら国家特殊衛生局の警備課に連絡入れて特務警備隊に属すメイやかずみ、紫蓮
にボディーガードでも頼べば、煌と俺だけでも守り抜く自信はあるけど
ただ煌が半年前のように殺戮と凌辱を好むだけの
女に戻らても困るし、陀美糯が生まれて人間らしい感情を取りもどした煌の間々でいてほしいからね」「それもそうね半年前の貴方は下界を支配しようなんて荒唐無稽の発想してた人だったけど滅んでしまった普通の人間のパパみたいになれたわけだしね、あの、さっきから妙な視線感じない」

「しまった、ばれたみたいね」と麗美がいい
陀颶蠡が龍破と麗美の席に近づいてくる
「そうだな、お久しぶりだな伝説の二人こと龍破に麗美、俺達のこと特務警備隊に監視依頼でも受けたか、ちょうどいい、昔の決着つけてみるか外で……なんて、冗談だ」

3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ