淫獣番外編新章
淫獣番外編新章
完結アフィリエイトOK
発行者:李醒光
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF
シリーズ:15才以上閲覧可能

公開開始日:2012/06/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
淫獣番外編新章 第1章 煌の子供
2700年6月14日煌の子供が産声を上げた
名前は陀美糯だ

陀颶蠡と煌は霞月の森の
アジトをでて箱根地区の辺蛙地区に一戸建てを買いそこで美糯を育てることにした

辺蛙地区は森と海に囲まれた所だが地方都市のため買い物にも不便しない地区だ

創龍破と宋麗美は特務警備隊メイから煌達が引越してくることを伝えられ

住所も近いので二人の監視を依頼されていた

しかし、煌と陀颶蠡は辺蛙地区で暴れる様子はなかった

宋麗美は買い物、途中、煌と陀颶蠡が乳母車に生まれて6か月になる美糯を乗せスーパーで安売りしている物を探しては煌が手に取り

「陀颶蠡、商品どう思う」なんてこと聞いて

陀颶蠡は笑顔をみせ「いいじゃないかな、さすがは煌だな、男を見る目も安売り商品を見定めるのも得意のようだな」なんてことを言っている

煌の子供が生まれる前はアクサ地区で暴れていた二人がまるで別人だ
メイに報告を入れ
ぼろアパートに戻ると

昼から酒をかっくらって鼾を上げ寝ている創龍破がいた

宋麗美は龍破の顔ひっぱたたく

「何に、するんだよ、人が気持ちよく寝てるのにさ」「半年間、特に大きな事件も起きないで平和だったからって気抜き過ぎよ、天上界から下界に行くルートが開いた間々なのよ、いつ邪悪な者が下界に降臨するかわからないだからね」

「そんなの分かってるよ」

辺蛙地区に来て半年特務警備隊からの仕事もほとんどなかったので生活も窮していたので龍破はいらついていた

久しぶりの特務警備隊からの依頼を受け

龍破はやる気満々だ
「今日は俺も一緒に買い物付き合うから気分転換も兼て二人で出かけようか」「そうね」二人は早めの昼食をとり11時30分にボロアパートを出て

百貨店やスーパーが建ち並ぶ辺蛙地区235駅に電車で行き東口にでると煌と陀颶蠡が子供を連れ百貨店の中に入る所を見かけあとをつけた

煌と陀颶蠡は3階の幼児玩具を扱う店舗に向かった

煌が一番最初に手に取ったのはCDだ

「陀颶蠡、これみて、0歳から知能を高めるためのサウンドCDだって、私の小さい頃はこんなのなかったのにね」

「小さい頃から知能や理性、人間的な感情を身につけさせ、本能赴く間々に凌辱や殺戮を繰り返す淫獣ヒューノイドを出さない為だろ」


2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ