淫獣番外編新章
淫獣番外編新章
完結アフィリエイトOK
発行者:李醒光
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:SF
シリーズ:15才以上閲覧可能

公開開始日:2012/06/18
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
淫獣番外編新章 第11章 クライドデビルの指令棟
陀美糯と創光魔がきて30分が過ぎたが相変わらずクライドデビルの気配は消えたままだ

「あなた達の勘違いじゃないのもう30分経つわよ」宋麗美はイラついていた

すると背の高いマント姿の185センチ位ありそうな20代位の男がそ創光魔に声をかける

「おい坊主魔力がずいぶん高そうなだな」

「それほどでも」

「あんた私達になんか、ようかしら、なんか邪悪なパワーに充ちてるようだけど」「お嬢ちゃん、年上に対する言葉ずかいがなってないようだな、俺は心が広いから大丈夫だが他の人間なら怒鳴りつけられるぞ、それじゃな」

「私達の様子でも見に来たのかしら、子供達を怒らせると怖いわよ、クラドデビルのお仲間さん」

「気づかれたかな、まぁいい、俺はクライドデビルの幹部劉超酩さ、俺達を統率してる、洸魍雷は力を溜めてる状態だからしばらくは一般人には手を出さないが力を溜めおえたら、おちびさん達でも苦戦するだろよ
それまでに力を上げとけよ、おちびさん達」そういうと立ち去った
17
最初 前へ 14151617181920 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ