義弟の一言で狂った私の人生
義弟の一言で狂った私の人生
成人向アフィリエイトOK
発行者:マリアンヌ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/06/14
最終更新日:2012/06/14 12:33

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
義弟の一言で狂った私の人生 第2章 分かれ道
言葉は、合わせられた唇に堰き止められた。




突然の口づけはあまりに深く、

息がつまりそうになる。




押し返そうとしたものの、

久の体はびくともしない。




次第に息苦しくなってくるほどだった。




身をよじりながら、

無意識のまま、口を開こうとする。




唇の隙間が出来るのを

待ち構えていたかのように、

熱い舌が滑り込んできた。




わけがわからないまま、

歯列の上をなぞり舌を絡めとられる。



「ん」



わずかな吐息が漏れるものの、

その口づけは離れることがない。




強い力で抱きしめていた、

その手は、ゆっくりと移っていく。




どうにかして逃げ出そうと、

必死に抵抗する手は、

軽く押しどけられた。




「やめて。何をするの。」




その隙をついて、

やっとの思いで口づけを解く。
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ