義弟の一言で狂った私の人生
義弟の一言で狂った私の人生
成人向アフィリエイトOK
発行者:マリアンヌ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2012/06/14
最終更新日:2012/06/14 12:33

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
義弟の一言で狂った私の人生 第7章 2度目の交わり
それを、たとえ成り行きで

あったにせよ、

自分が何度も好きでもない

人間に抱かれると

思っていたのだろうか。




少しは久自身に対する

好意を考えなかったのだろうか。




「そうね、辛いわ。でも、あなた、一彦さんにも辛いことをしてるのよ。」



「それは、考えなかったのかしら。」



今まで真剣に

見つめていた久の瞳が、

フッとそれた。



「兄さん?」


「ああ、それは考えなかったな。」



つぶやくような低い声で、

視線は上の空に宙を見ていた。




「そんなことより、彩子さん。」



一瞬のうちに、

久は元の穏やかな表情に変わった。




その変貌に、若干の疑問と不安を抱く。




「皆が戻るまで、まだ時間があると思うんだ。」



彩子が羽織ったシャツの隙間から、

手を差し入れる。
35
最初 前へ 32333435363738 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ