セーラー服好きの彼
セーラー服好きの彼
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
セーラー服好きの彼 第3章 妹の体と彼の欲望
 明菜はクスッと笑うと、千夏の両腕を左右に広げた。すると真二が恥ずかしそうに椅子から立ち上がり、座っている千夏の足元に膝まづく。
 目の前にあるセーラー服。そして、そのセーラー服を盛り上げる二つの胸。左右に開いた千夏の腕がゆっくりと真二の頭を抱きこみ、セーラー服の胸元へといざなった。

「…………」

 後頭部を抱きしめられたと同時に、顔全体にセーラー服の生地が密着する。そして更に顔が引き寄せられると、弾力のある柔らかい胸が押しつぶされた。
 明菜は何も言わず、千夏の手で真二の頭を優しく撫でた。真二がそっと千夏の腰に手を回し、抱きしめる。

「懐かしい感じがするよ。あのときの感覚が思い出せた感じがする」
「そう、良かったわね」
「洗剤のいい香りがするよ」
「…………」

 気持ちよさそうに頭を左右に動かした真二。その行動に、千夏の体がピクリと動いた。
 体を抱きしめる真二の腕をとても熱く感じる。

「もう少しこのままさせてくれ」
「うん、いいよ……」

 力強く抱きしめられた千夏の口から、「んっ」と吐息が漏れた。心臓が血液を必死に送っているのが分かる。そして、真二の掌が千夏の背中をセーラー服越しに優しく撫で始めると、頭を抱きしめていた千夏の腕に力が入った。
 大きな掌が背中を撫で回っている。明菜は感じていた。千夏の下半身が熱くなり始めたことを。

「明菜。愛してるよ」
「やだ……こんなときに。今は千夏の体なのよ」
「分かってる。でも言わずにはいられないんだ」
「真二……うっ」
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ