セーラー服好きの彼
セーラー服好きの彼
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
セーラー服好きの彼 第3章 妹の体と彼の欲望
 足を進めるたびにセーラー服の胸が上下に軽く揺れている。その光景に真二はそそられた。

「携帯で写真を撮りたい?」
「えっ。いいのか?」
「だめよ。証拠が残るから」
「……だろうな」
「撮りたかったの?」
「いや、別に」
「ふ~ん」

 千夏は隣の机から椅子を引き出すと、真二と向かい合わせるように座った。

「何だかぎこちないわね」
「そうだな。妙な空気だ」
「ねえ真二。どうしてセーラー服が好きなの?」
「えっ、ああ。そうだな」
「セーラー服フェチとか。そろそろ教えてくれてもいいんじゃない?」
「言ってくれるよなぁ。別に俺はそういう属性、持ってないよ」
「じゃあどうして?」
「……俺が小さかった頃、近くに一人の女子高生が住んでいてさ。彼女はとても優しくて、俺が公園で苛められていたら助けてくれたりしてたんだ」
「ふ~ん。その女子高生がセーラー服を着ていたって事?」
「俺が泣いていたときに、一度抱きしめてくれたことがある」
「慰めるために?」
「ああ。泣いて鼻水垂らしてたってのに、彼女はそのセーラー服の胸に俺の顔を埋めさせてくれたんだ」
「じゃあセーラー服には涙と鼻水がたっぷり付いちゃったんだ」
「そうだな。でも彼女はその後、嫌な顔一つせずにハンカチで俺の顔を拭いてくれたんだよ」
「優しいね、今時考えられない」
「だろ。その時、彼女が着ていたセーラー服がずっと脳裏に焼きついていてさ。セーラー服姿の女性を見てみたいと思っていたんだ」
「それは少し違うんじゃない?」
「え?」
「セーラー服を着ている女子高生なら幾らでも見れるでしょ。いつものように本心を言えばいいのに」
「…………」
「さすがに恥ずかしいのね」
「まあ……な」
「ふふ、仕方ないわ。妹の千夏で良ければ願いを叶えてあげるわよ」
「……ほんとに?」
「ええ。はい、どうぞ」
8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ