セーラー服好きの彼
セーラー服好きの彼
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
セーラー服好きの彼 第2章 彼を誘惑!
「やっと信じてくれたんだ。でもね真二。この薬の効果は五時間しかないのよ。私が千夏に乗り移ってから、もう一時間くらい経っているの。薬が切れる前に家に帰りたいからあまり時間がないのよ」
「そうなのか。じゃあ早速……と言っても正味、二~三時間ってところだな」
「そうね。こんなに近くでセーラー服が見れたから満足した?」
「いや、もっとじっくりと見たいんだ」
「ちょっと変態っぽい目になってるわよ」
「あっ。いや、そういう風に取るなよ」
「冗談よ。私も折角千夏に乗り移ったんだから、もう少し楽しみたいわ」
「楽しむって?」
「自分の体じゃないのよ。声も違えば体つきも違う。それに高校生に戻れたんだから」
「高校生になって楽しみたいと言うことは……もしかして援交とか?」
「馬鹿ね、どうしてそうなるのよ」
「だ、だってさ。最初に話しかけてきたとき、そんな風に話したじゃないか」
「あれは真二を試すために言っただけじゃない」
「そうか……俺の気持ちを試したんだったな」
「……だからごめんねって謝ったでしょ」

 千夏は立ち上がると、真二の前でくるりと回った。プリーツスカートの裾が広がり、女子高生の太ももが露わになる。真二は黙ってその様子を見ていた。

「大事な妹の体なんだけど、真二がもっと見てみたいなら」
「……えっ」
「少しだけなら」
「す、少しだけなら……何だよ?」
 少し顔を赤らめた千夏の言葉に、真二が食いついた。
「ふふ、ねえ真二。今から会社に行こうよ」
「か、会社に?」
「今日は誰も来ていないでしょ」
「そ、それはそうだけど」
「歩いて行ける距離だし。ねっ」
 白い手を差し出された真二は、ドキドキしながら握り返した。
 その柔らかい掌を感じつつ、ゆっくりと立ち上がる。
「セーラー服を着た女子高生と手をつなぐの、どんな感じ?」
「……ああ。嬉しいよ」
「そう。私、そういう素直な真二が好きなの」

 今度は真二と腕を絡めた。セーラー服の胸が真二の二の腕に当たり、その温もりと柔らかさを感じることができる。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ