セーラー服好きの彼
セーラー服好きの彼
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
セーラー服好きの彼 第3章 妹の体と彼の欲望
「あ……ああっ。ち、膣の中がかき回されてる。すごい……わ」
「俺も。膣壁が吸い付いてきて。はぁ、はぁ」
「ね、ねえ。動いてもいい?私、もう我慢できない」
「あ、ああ。いいよ」
「うん……。んっ、んっ、んあっ。い、いいっ。すごくいいっ」
「あうっ。はぁ、はぁ。あ、明菜っ。明菜っ」
「真二っ。すごいっ、すごく気持ちいいっ。ああっ、だめっ。大きな声が出ちゃうっ!」
「いいさ、もっと大きく喘ぎげよ。もっと千夏ちゃんの喘ぎ声を聞かせてくれよっ」
「あ!ああっ。あっ、あっ。いいっ、いいよぉ!ち、千夏の体っ。すごくいいっ!」
「俺もさっ。こんなの初めてだ……あっ、ううっ」

 明菜は夢中になって千夏の腰を激しく動かした。グチュグチュと膣の中を掻き回す肉棒のいやらしい音がスカートの中から聞こえる。
 会社の中。しかも明菜の妹、千夏の体を犯しているなんて。
 結婚後は、数え切れないほど顔をあわせる妹。その妹と繋がっているのだ。きっと顔を見るたびにこの光景を思い出すに違いない。

「あっ、あんっ、あんっ。いいっ、いいのっ、いいのっ。もうイッちゃいそうっ」
「はぁ、はぁ。お、俺もだ」
「ち、膣では出さないでねっ。膣だけ……あっ、んあああっ!」

 膣壁が痙攣し、肉棒を強く締め付けた。
 その締め付けに耐えるように、真二は肉棒に力を入れた。

「ああ~。あ……はぁん……し、真二ぃ~」
「はぁ、はぁ、はぁ。イッたのか?」
「はぁ、はぁ……うん。ち、千夏の体でイッちゃった……。はぁ~」
「お、俺もイっていいか?」
「はぁ、はぁ、そうね。いいわよ」

 千夏は腰を浮かせて肉棒が膣から抜くと、机に手を突いて真二にお尻を突き出した。そのいやらしい仕草に、真二は立ち上がってスカートを捲った。太ももに垂れる愛液が、女子高生の体に妖艶さを感じさせる。

「いくぞ」
「んあっ!」
「ううっ」

 すでに緩んだ膣の中に、また勃起した肉棒がめり込んだ。
14
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ