セーラー服好きの彼
セーラー服好きの彼
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
セーラー服好きの彼 第3章 妹の体と彼の欲望
「うっ。いいよ、手が柔らかくて」
「それ、私の手よりも柔らかいって事?」
「い、いや。そういう意味じゃなくて。明菜の手も柔らかくて気持ちいいよ」
「何だか言い訳しているみたい」
「そんな事ないって。うっ……はぁ。す、すごい」
「んっ、んっ……んふっ」

 手コキをしながら真二の肉棒を千夏の口に含んだ明菜は、頭を上下に揺らしながらフェラチオを始めた。高校生には分からないであろうそのテクニックを、セーラー服を着た女子高生が行っている。
 そのギャップに、真二はたまらなく興奮した。

「うっ。はぁ、はぁ……す、すごいよ明菜。千夏ちゃんの舌が絡まってきて……うう」
「んふっ。いつもしている事じゃない」
「でも、やっぱりセーラー服を着ている女子高生にこんな風にされたら……や、やばいよ」
「んっ、んっ、んっ。ねえ、千夏の口の中に出したい?」
「えっ」
「私の口じゃなくて、千夏の口の中に出したい?」
「……あ、ああ。出してみたいよ」
「相変わらず素直ね。じゃあいいわよ。この口の中に出しても」
「ほ、ほんとか。んうっ」

 頭を揺らすたびに、髪が顔にかかる。それを手で掻き上げながら、明菜は妹の口を使って激しくフェラチオをした。
 チュパチュパといういやらしい音が股間から聞こえてくる。そして、肉棒全体を飲み込むような深いフェラチオ。
 真二は天井を見上げながら、その快感に体を震わせた。

「はぁ、はぁ。うっ……や、やばい。もう出るよっ」
「んっ、んっ、んっ。はんっ……ん、ん、ん、んっ」
「うっ……で、出るっ!」
「ん、ん、んんっ……んぐっ! んんんっ、んっ、んっ」
「あっ!はあっ、はあっ、はあっ……あっ、ああ~」
「ふぐっ……んっ、んんっ。んっ、んん~」

 千夏の頭がゆっくりと動いた。肉棒の根元を握り締めていた右手が、中にたまっている精子を搾り出すように扱いている。さらには、尿道から吸い出すように千夏の頬がへこんでいた。

「うああ……。そんなにしたら」
「んん~。んん~……はぁ。どう? 気持ちよかった?」

 涎で濡れた口を手で拭き取りながら千夏が問いかけると、真二は幸せそうな表情でコクリと頷いた。
12
最初 前へ 9101112131415 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ