セーラー服好きの彼
セーラー服好きの彼
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
セーラー服好きの彼 第3章 妹の体と彼の欲望
「もしかして自分の体より気持ちいい?」
「し、知らないっ」
「いつもの明菜ならこんなに反応しないのにさ」

 セーラー服の中で何度も乳首を弄り、その反応を楽しんでいる様子。

「はぁ、はぁ……んっ。んっ、あっ」
「可愛いよ。すごく可愛い」
「ち、千夏がでしょ」
「いや、そうやって俺の愛撫に善がる明菜がさ」

 セーラー服を捲り上げた真二が、大きな乳房についている勃起した乳首を口に含んだ。

「ああっ!」
「んふふ」
「んっ……そんなに舌で転がさないで。だ、だめよ。乳首噛んじゃ……はぁっ」
「大きい胸。明菜、負けてるんじゃない?」
「も、もうっ」

 正直、千夏の体は気持ちよかった。刺激に対して妙に敏感で、昔の自分の体を思い出す感じ。真二に刺激される一つ一つの愛撫に、的確に反応してしまうのだ。
 下半身の疼きに、足をもぞもぞと動かして応えようとする。

「そんなに気持ちいいのか?」
「はぁ、はぁ……んっ。も、もう。聞かないで」
「ごめん。でもさ」
「ひゃっ!そ、そこはっ。はぁん」
「すごいな。もうぐちょぐちょになってる」
「だ、だって……それは私じゃなくて千夏の体が。ああんっ!」
「だから千夏ちゃんの体が気持ちいいって事だろ」
「はんっ。あっ!だめっ!な、中には入れないで。もしかしたら……」
「あっ……そうか。そうだな」
「はぁ、はぁ。ちょ、ちょっと待って」

明菜はスカートの中に入り込んでいた真二の腕が離れた後、パンティの中に千夏の手を忍ばせ、指を膣の中にゆっくりと入れてみた。

「んっ……ふ」
「まるで千夏ちゃんがオナニーしているみたいだ」
「もうっ。んんっ、だ……大丈夫みたい」
「そうなんだ。千夏ちゃんって結構早かったんだな」
「今時の女子高生ってそんなものじゃないの?」
「さあ。それよりも……いいか?」
「……ちょっと抵抗あるけどね」

 真二は床から立ち上がり椅子に座りなおすと、足を開いて千夏に体を向けた。今度は千夏が真二の足の間に膝まづいて、ジーンズのファスナーを下げる。

「ドキドキするな。明菜だって分かっていても、容姿が千春ちゃんだから」
「私も変な気分よ。千夏の口でするなんて」

 女子高生の手がトランクスの中にある勃起した肉棒を引き出した。そして、戸惑いながらも手コキを始める。
11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ