セーラー服好きの彼
セーラー服好きの彼
成人向完結
発行者:Tira
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
セーラー服好きの彼 第3章 妹の体と彼の欲望
 セーラー服の裾から忍び込んだ両手が、千夏の背中を直に撫で始めた。抵抗しようと思えば出来たが、明菜はそうしようと思わなかった。
 腰から背中全体を撫で回す真二の両手。そして胸に鼻を擦り付けられる感覚。妹の体であるにも関わらず、明菜は愛する真二の行為に翻弄された。

「明菜……」
「し、真二。ちょ、ちょっと待って」
「大好きなんだ。このままこうしていたい」
「それは私も同じだけど、今は……えっ」

 背中にあるブラジャーのホックが外されると、また千夏の体がピクリと反応した。

「いいだろ。ここには俺たちしかいない」
「ほ、本気で言ってるの?私じゃないのよ」
「分かってる。でも……」
「んっ!はぁ」

 ホックを外した両手がセーラー服の中に入ったまま前に移動し、ブラジャーのカップを押しのけなら乳房を覆った。頭を抱きしめていた千夏の腕が緩くなり、胸から離れた真二がセーラー服をじっと見つめた。
 生地の向こうで握っている千夏の乳房。それを上下に揺すると、セーラー服の生地も同じように上下に揺れた。

「あっ。だ、だめよ真二」
「嫌なのか?」
「い、嫌じゃないけど。んっ……んふっ。ち、千夏の体なんだから」
「俺は明菜と思って接しているんだ。だから問題ないだろ」
「そんな事言ったって……」
「明菜も感じているんだろ?千夏ちゃんの体で。まだピンク色の乳首が固く勃起してるよ」
「や、やだ。そんな事言わないでよ。恥ずかしいじゃ……んっ、ないの……」
「自分の体との違いを感じるのか?」
「わ、分からないわよ。そんなこと……」
「もっと触れば分かる?」
「もう……。千夏に怒られるから……あんっ!やだ、そんなにきつく摘んじゃ……」
「千夏ちゃんって可愛い声だね。その声で明菜のしゃべり方をされると無性に興奮するよ」
「ば、ばか。あっ、あんっ」

 真二が指で勃起した乳首を摘んで、コリコリと刺激している。それが気持ちいいのか、千夏の体が何度もビクビクと震えた。
10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
http://tira.livedoor.biz/
ページの先頭へ