歌舞伎町キャバ嬢の嘘のような本当の話し
歌舞伎町キャバ嬢の嘘のような本当の話し
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:toma
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/06/12
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歌舞伎町キャバ嬢の嘘のような本当の話し 第2章 ツカサ
「俺みたいなまっとうな仕事してるやつが

キャバ嬢とつきあってたら、どんな目で見られるかくらい

お前にもわかるだろ。

いい思いさせてやったんだからお前も損してないじゃん」






まだ27、8で、年収もそこそこある

男にそう言われた時

私の存在意義がなくなった。



悔しくなかった。

悲しかったけど。




だって、本当のことだから。

結局はいつもそうだった。

家族もいつもお姉ちゃんばっかり可愛がってた。

大切にしてた。



私はいなくてもいい子だったんだって

ずっと思ってた。




高校卒業して、そのまんまキャバで働いて、

そこそこの給料もらって

いまさら昼職なんてできない。




その男にふられても、

昼職になる、っていう選択肢はなかった。



8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ