歌舞伎町キャバ嬢の嘘のような本当の話し
歌舞伎町キャバ嬢の嘘のような本当の話し
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:toma
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/06/12
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歌舞伎町キャバ嬢の嘘のような本当の話し 第2章 ツカサ
ツカサのお店は、そこそこ有名な店だった。

箱も大きい。



入口に先月のナンバーがパネルで飾られてる。

ツカサはナンバー5


けっこう売れてるんじゃん、

ビラにでてるから

売れてないホストだと思ったよ

って言ったら

全然あかんねん、そんなんじゃ

と笑って言ってたよね。




同業者だから、気持ちもわかったし

同業だからこそ、あんまり世界を見たくなかった。




ホストにハマるキャバ嬢なんて

残念、としか思ってなかったから。




でもお店には、私たちみたいな

店終わりのキャバ嬢たちがたくさんいた。



当たり前のようにヘアセットをがっつりやって

当たり前のように暗い店の中でもサングラスを

かけてるキャバ嬢は

同じ職業でもちょっとあほらしいと思ったよ。




その日はホントにタダ飲みをして

初回だったから、ツカサを送り指名にして

帰った。


5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ