歌舞伎町キャバ嬢の嘘のような本当の話し
歌舞伎町キャバ嬢の嘘のような本当の話し
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:toma
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/06/12
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歌舞伎町キャバ嬢の嘘のような本当の話し 第8章 デリヘル嬢
でも、私は違う

そう思ってた。




本営されてる子を見て

あの子は自分がホンカノだって信じてるけど

どこからどうみても

本営じゃん、と

人には思えるのに

自分は違うと思ってた。






ツカサもその時はたぶん本営ではなかったんだと思う。


それが結果的に本営になってしまった、それだけのこと

なんだと思う。





本営にしてしまったのは私なのかな。



ホストクラブにハマったものは

長い間抜けられないことが多い。




あの高揚感は一度味わうとなかなか

忘れられないのだ。





なんでこんなことに大金使ってるんだろう、

1万の価値がわからなくなる。




これだけお金あったら、エステにも行けて

おしゃれもできて、ブランドものも買えた。

なんで…




と自分に問いただすのに、

シャンパンがばんばん空いて

ホストたちに囲まれて

売り上げの競争に自分も躍起になって…





そのうちに一度は行かなくなることはあっても

また初回などに足を運んで

ハマってしまうループ。





歌舞伎町は昔と比べ

不景気になったと言われるけど

やはりほかの町にはない

オーラに包まれている。



39
最初 前へ 36373839404142 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ