歌舞伎町キャバ嬢の嘘のような本当の話し
歌舞伎町キャバ嬢の嘘のような本当の話し
成人向完結アフィリエイトOK
発行者:toma
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ノンフィクション

公開開始日:2012/06/12
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
歌舞伎町キャバ嬢の嘘のような本当の話し 第8章 デリヘル嬢
でも、他にも大事にしている客がいるのは知ってた。



ヒロミっていうデリヘル嬢。



けっこう卓が被ることがあって、

シャンパンを入れることも多い客だった。




こないだはシャンパンコールで

ツカサとヒロミがマイクを交互に使って



「ツカサをナンバー1にさせます!」

「ヒロミにナンバー1の俺を見せます」

と言っているのを聞いた。





バカみたい。





私がいなきゃツカサはナンバー1にはなれない。



あんたがナンバー1にしてあげれるほど

力があるんなら、もっと金使えよ。





どうせ出来ないならソープにでも行けば?



と心の中で毒づいていた。




でも店ではそんなシャンコ中も

ヘルプとにこにこしながら飲んでいた。




ヘルプのキャストたちには

「まいちゃんてホントいい子だよね、ツカサのお気に入りだもんね」





と言われるたびに当たり前だ、と思ったけど



「そんなことないよ、ツカサの前ではすっごくわがままなんだよ」




と言って笑った。


36
最初 前へ 33343536373839 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ