Happy Lovely
Happy Lovely
成人向アフィリエイトOK
発行者:リョーコ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:2012/06/23 11:49

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Happy Lovely 第2章 GAME
薬局地下にある研究室に、ムカツク男がいる。

野澤祐樹。

今年春に入ってきたまだ学生で新人の研究員だけど、コイツは一癖も二癖もある。

と言うか、研究室の人間は、どいつもこいつも胡散臭く、おかしな人が多いけれど、野澤と言う男は、その中でもずば抜けてヘン。

とにかく暗い。

挨拶しても返事がない。

そして、先生に頼まれて資料を渡しに行ってんのに、何か聞いても無視。

愛想も何もないんですけど!!!

院内には男の人は沢山いる。

勿論、先生は男の人が殆どだし、力仕事が多いから、若い男のスタッフは多い方だ。

でも、彼らはみんな愛想はいいし、優しいし、紳士的な人ばかりだと思う。

なのに…なに、この研究室。

研究員はクセある人ばかりで、院内のスタッフとは正反対。

『大目にに見てやってよ』

なんて、主任の松岡先生は言うけれど、野澤は無理!!

私、彼に資料を渡しに行く機会が多くて、多い時は一日に3回くらい研究室に行くけれど、もうその時は嫌味を言われ放し。

「また来たんですか?もうちょっと要領良く仕事して下さいよ」

「うるさい!!そんなこと言ったって、仕方ないでしょっ!!」

私の担当医である田中聖先生が適当なので、こういう要領の悪いことはちょくちょくである。

てか、聖先生も、私の身にもなってくれ…。

そんなこんなで、とにかく私は、野澤のことは嫌いだった。

☆ー―‐・・‥

季節外れの台風が来て、とにかくヤバイ感じだった。

朝はそうでもなかったのに、昼から風が少し強くなり、夕方には豪雨。

時計を見ると、もう19時回ってる。

でも外は大荒れの状態で、無事に帰れる気がしなかった。

「うわ、ヤバくね?これ、帰れねーじゃん」

私が窓から外を眺めていると、後ろで井ノ原先生が独り言みたいに呟く。

「美保子ちゃん、今日夜勤?」

「いえ、違いますけど…」

「そっかー…危ねーからさ、今日はココに泊まってった方がいいよ。セミナーで使う宿泊部屋も開放するからさ、相部屋になると思うけど…ま、遭難するよりかマシだな」

…台風で遭難て、あまり聞いたことがないけれど、でもこれじゃ帰れないよね…。

仕方なくトボトボと言われた部屋に向かい、ドアを開けたら…。

「…ゲッ…何でアンタが…」

既に寛いでいる男。

野澤だった。

9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ