Happy Lovely
Happy Lovely
成人向アフィリエイトOK
発行者:リョーコ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:2012/06/23 11:49

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Happy Lovely 第1章 五月病
「…途中でやめると余計、疼きますよ?一度イッた方がスッキリしますから…」

一度口唇を離し、そう言ったけれど、すぐまた舐め回す。

少しきつめに吸い上げられながら、入口を指先で広げられるけれど、長々愛撫されていると、奥まで欲しくなってくる。

「…ふぅっ…あぁぁっ…」

ユルユルと腰が動くと、彼も私の状況を把握したのか、ゆっくりと指を深いところまで挿入してきた。

「…あぁっ…んぅっ…」

ビクリと、また腰が震えたところで、グイと一気に指が入ってきた。

「…サキさん?わかりますか?かなり奥まで入ったと思いますけど…と言っても、指ですからね。残念ながら、いいところには辿り着かないみたいですが」

フフッと薄ら笑いをして、彼は指を前後に動かし始める。

クチュクチュと音がして、愛液が溢れ出す。

「…ふぁっ…あんっ…あぁぁ…」

彼が言う通り、奥までは来ないけれど、それでも手前付近を指先でグリグリとされると、ジワジワ快感が上ってきて、どうにもならなくなってしまう。

「…ふぅっ…も…ダメっ…はぁっ…」

イキそうになり、腰を前後に動かすと、彼は頭を上げて、強めにピストン運動をしてきた。

「…いいですよ…イッちゃって下さい…」

そう笑い、もう片手で、胸を触れられ、同時に愛撫された刺激からか、すぐ達してしまった。

「…んんっ!!はぁっ…あぁぁっ!!」

ブルブル太腿が痙攣し、シーツを強く握り締めて腰を震わせた。

☆ー―‐・・‥

あまりの心地良さで、すっかり気を失ってしまったみたいで、それから暫くたち、目が覚めた。

ふと体を動かすと、すぐ横のデスクでカルテに目を通していた先生が私を見てきた。

「…気がつきましたか?」

そう声をかけられる。

「…は、はい…」

一瞬、何でこんなところで寝ていたのかと思うけれど…そうだ。

彼にエッチなこと、されちゃったんだっけ…ι

急に恥ずかしくなり、俯きながら上半身を起こしたけれど、彼はそんな私に、こんなことを言ってきた。

「…どうですか?少しはストレス解消されたでしょ?…次にここへ来た時は、もっといいストレス発散方法、教えてあげますからね」

ニヤニヤと楽しそうな笑みを浮かべた。

fin...
7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ