Happy Lovely
Happy Lovely
成人向アフィリエイトOK
発行者:リョーコ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:2012/06/23 11:49

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Happy Lovely 第9章 見せ合い
「…ぁっ…ふ…」

私の指が動くと、それに反応するみたいに、彼も自分の手を動かし始める。

溢れてきた前ぶれを絡ませ、クチュクチュと音をたてながら、上下に竿を扱く。

最初はそうでもなかったモノが、序々に大きさを増して、先端がプックリと膨らんだ。

私が息を乱すと、彼も同じように小さく吐息を漏らして、でも手は相変わらずリズミカルに動いている。

私もそうだけど、彼の方も、私の自慰行為を見て興奮しているらしく、ジッと見てくる視線が痛い。

「…んぅっ…はぁぁっ…」

クリ×リスより、下の方に欲しくなり、指を少し移動させると、開きかかった入口を虐める。

指を押しつけた途端、クチュリと音をたて、一気に第二関節くらいまで、中に入った。

「…んっ…ふ…」

膣内はビクビクと痙攣して、自分の指なのに、キュウキュウと締めつけているのがわかる。

彼が自分の中に入ってきた時も、こんな風になるのかな…なんて、どうでもいいことを考えながらも、指は動き続け、段々それだけでは物足りなくなってきた。

意識していないけれど、勝手に手が動き、指を2本、中に挿入してグリグリと擦る。

「…ふぁぁ…ぁぁぁっ…」

足がガクガク震えてくると、彼が大きく息を弾ませて苦笑いした。

「…なに?自分でしてるのにイキそうなの?」

嫌味っぽくそう言いながら、自分だって今にもイキそうな感じ。

だけどそんなこと言えるわけもなく、クチュクチュと中を擦りながら、もう片手で胸をギュウギュウ揉みしだいた。

益々中はヒクついてきて、彼の言う通り、もうすぐイキそうな予感を感じる。

胸に触れている指が震えてきて、目の前がクラクラしてきた。

と、そんな時。

いきなり彼、私の足の間に入ってくると、上半身を押しつけてきた。

「…ふ…ぁ…」

その衝撃で、自分の中から指が抜け、ベッドに沈む。

彼は私の両足を抱えて、そのまま前に腰を突き出してくる。

大きくなった先端が、入口にくっつき、くぷりと音がした。

「…ずっと焦らしてたけどさぁ…俺も、ガマンできねーや…」

私のことは見ず、独り言みたいに呟いて、更に動きを進める。

「…ふ…んぅっ…」

自分でイジメていたから、もう入口は熟れていてるのはハッキリわかる。

「…入れるよ?」

言われてちょっとだけ、ドキドキした。
64
最初 前へ 61626364656667 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ