Happy Lovely
Happy Lovely
成人向アフィリエイトOK
発行者:リョーコ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:2012/06/23 11:49

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Happy Lovely 第9章 見せ合い
「…百合ってさぁ、初めてした頃より、胸、デカくなったよな…やっぱ俺が揉んでやってるせいだと思うけど」

彼は自意識過剰なことを口にして、片手を伸ばしてくると、グニグニと乳房を揉みしだく。

「…ふぁ…」

思わず声を出したら、すぐ手は引かれた。

「勝手に良くなってんじゃねーよ。お前、どんだけ感じやすいんだよ」

そう文句を言って、ギロリと軽く睨みつけられた。

「早く下も脱いで、オナれ」

冷たく言い放たれて、渋々、下着に手をかける。

足を開いて下着を脱ごうとすると、内股を押さえつけられた。

中心部を見つめてニヤニヤ薄笑いを浮かべてる。

何を言うのかと思えば、

「グシャグシャに濡れてんじゃん。ちょっと触ったら、すぐイクんじゃね?」

なんてことを発し、益々ジッと見つめてくる。

布越しなのに、何でそんなことがわかるのかと思ったけれど、私が穿いている下着の色が白だから、染みたところから透けて見えたんだろうと思った。

恥ずかしいけれど今更そんなことを言ったところで、聞いてもらえないのはわかっているから、言われた通り下着を下ろし、足を開いて彼に見えるような体制を取る。

「…いいじゃん。超、やらしいよ」

私を見ながら彼は、自分も下半身を弛め、半勃ちになったモノを引き出すと、自ら扱きたてた。

前回も彼の一人エッチを見たけれど、今回はそれとは違う。

私がしているのを見ながら…って…。

何だか逆に、こっちが興奮してきちゃうんだけど…ι

自分で自分の割れ目を、指で辿ると、さっきまで濡らしていた愛液が溢れ出てきた。

それを指先に絡めて、秘芽を軽く刺激する。

「…ふ…ふぁ…」

自分で触っても心地よくて、声が出てしまう。

「…もっと、ちゃんと触れよ…」

彼にきつく言われ、足をもう少し大きく開き、指の腹でグリグリ押し潰した。
63
最初 前へ 60616263646566 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ