Happy Lovely
Happy Lovely
成人向アフィリエイトOK
発行者:リョーコ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:2012/06/23 11:49

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Happy Lovely 第9章 見せ合い
その日は、ずっと下半身がウズウズしていたけれど、結局彼は私に手を出すことはせず、それっきり。

で、それから一週間経って今日、ってこと。

あの後、彼の一人エッチシーンが忘れられず、それをネタに、私までも一人エッチしたりした。

でも、それとこれとはちょっと違う。

やっぱり、彼の前での一人エッチは恥ずかしいよ…ι

しかもココ、院内の仮眠室だし…。

誰か来たらどうするつもりなんだろ。

「まずは、服脱がないとな。全部脱いで、裸になんな」

スカートの上から下着を押さえると、そうやって強制の言葉をかけられる。

「や、やだぁ…」

「…今更、なに恥ずかしがってんだよ。早くしないと、コレ、入れるからな」

チラチラと目の前に、ピンク色のバイブを見せてくる。

通販で購入した、凄く大きなバイブ。

一度だけ、挿入されたことがあるけれど、大きすぎて痛くて大騒ぎした。

それからことあるごとに、言うことを聞かないと、あのバイブを入れるとか脅してくる。

私の体には、多分合わないんだろうと思うソレは、本当に先端が大きくて、入れられる時から、入口が裂けそうだった。

無理矢理入れられたあの一度きりの時でさえ、暫く膣口のヒリヒリが収まらなかったし。

仕方なく、服を脱ぎ始めたけれど、私の動きが遅いことに、彼が段々イラついてきた。

「早くしろよ」

強い口調でそう言うと、今度は私をベッドに押し倒す。

彼は私より年下だけど、自分が偉い人の孫だと言うこともあるし、私と二人っきりの時には、主導権を握る…と言うか、本当に偉そう。

周りに人がいる時は、わざと可愛子ぶるくせに。

「ちゃんとやらないと、ホントに突っ込むからな」

スカートの中にバイブを持った手を入れると、そのバイブの先端を中心部に押しつけ、グリグリと擦りつけてきた。

「…ふ…わかったから…やめて…」

彼の態度がちょっと怖くて、思わず涙が出そうになるけれど、それをガマンして、スカートのホックを外す。

とりあえずスカートを脱ぎ捨て、それからシャツを脱ぎ、上半身裸になった。
62
最初 前へ 59606162636465 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ