Happy Lovely
Happy Lovely
成人向アフィリエイトOK
発行者:リョーコ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:2012/06/23 11:49

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Happy Lovely 第2章 GAME
そのままブラジャーを外され、胸に直に手が触れる。

「…っ…」

声は我慢したけれど、思わずビクリと体が震えてしまう。

ひんやりした指先が肌に触れると、何だか妙な快感を覚えた。

「…意外と胸、大きいですね…形もいいし…」

独り言のように呟き、手のひら全体で乳房を揉みしだく。

「…ゃぁ…やだぁ…」

下半身に圧し掛かられていることもあって、体を動かすことが出来ない。

「…ホントに嫌ですか?そのわりには、ココ、起ってきましたよ?」

バカにするような笑みを口元で浮かべると、今度はその立ち上がった先端を、指の間に挟みながら、胸を揉んでくる。

「…ふ…ふぁ…」

いつの間にか、両手で胸をやわやわと愛撫されていて、上半身が意味なく熱くなってきた。

そんな私の反応を、彼はすぐ感じ取ったみたいで、またツッコミを入れてくる。

「…体、熱くなってきましたけど…どうですか?感じてきましたか?」

「…ふ…ちが…ゃだ…」

言われる通り、くやしいけれど段々気持ち良くなってきた。

でも当然ながら、そんなこと口には出せないし、態度にも出したくない。

力ない手で、彼を除けるけれど、本人は益々楽しそう。

「強情ですね…ま、美保子さんはそれくらいじゃないと、つまらないかもしれないですけど…」

そう言いながら、グッと片方の手首を掴まれ、何をされるのかと思ったら。

頭を落として、胸に舌が這ってきた。

「ふぁ…ゃ…んっ!!」

ザラリとした妙な感覚。

乳房から先端にかけてヌルヌルと舌先が這い、乳輪を辿り、そのまま甘噛みされる。

段々と息が切れてきて、でも思い通りにはなりたくないし、声は何とか我慢した。

彼は愛撫が好きなのか、散々胸を弄び、胸の先端がかなり硬くなったところで、やっと頭を上げた。
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ