Happy Lovely
Happy Lovely
成人向アフィリエイトOK
発行者:リョーコ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/02
最終更新日:2012/06/23 11:49

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
Happy Lovely 第2章 GAME
「アンタと一緒だから嫌がってるだけ。何で私がこんな目に…」

ブツブツ文句を言うと、彼は下から私を覗き込んでくる。

「…俺、そんなに美保子さんに嫌われてます?てか逆に、何で嫌われてるんですか?」

…本当にこの男は、鈍感と言うか、デリカシーがないと言うか、非常識と言うか…。

「…愛想がないし、優しくないから」

ハラが立つので、こっちもシレッと返す。

すると彼、その言葉に対して、鼻で笑った。

「…俺が愛想良かったら、キモくないです?ま、キモくていいなら優しくしますよ」

そうして、さっきと同じように手首を掴まれ、今度は室内にあるキングサイズの超豪華ベッドに押し倒された。

「ぅきゃっ…」

バサリと音をたて、体がベッドに沈むけれど、羽根布団なのか、全然痛くはない。

起き上がろうとした時、彼が私に圧し掛かってきて、更に笑った。

「…優しくして欲しいんですよね?」

そう言って、いきなり顔が近づいてきたかと思うと、口唇が触れる。

「や…やだっ!!」

一瞬だけ重なったけど、それをすぐ反らし、胸を退けた。

でも、全然怯む感じはない。

彼は相変わらずニヤニヤとヘンに笑みを浮かべて、私の髪を梳きながら言った。

「…俺は美保子さんより、美保子さんのこと嫌いじゃないですよ?寧ろ、美保子さんみたいに言うこと聞かない女を、自分の物にするとかしたら面白いし…俺と付き合いません?」

冗談じゃないと思った。

「…ふ…ふざけないでよっ」

「別にふざけてなんかないですよ…じゃあ…ゲームをしましょう」

「…え…?」

彼は一体何をしたいのか。

全然考えていることがわからない。

「…俺が美保子さんのこと、気持ちよくすることが出来たら、付き合って下さい」

「…は?」

…何なの、この人???

意味分からず呆然とすると、彼は楽しそうにクスクス笑った。
11
最初 前へ 891011121314 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ