甘い毒
甘い毒
成人向アフィリエイトOK
発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/04/14
最終更新日:2013/04/14 04:16

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
甘い毒 第14章 ◆
私と七原くんは何度も何度も喧嘩しトラブルを起こし、付き合ったり別れたりを繰り返したのだが、最後の最後は、静かに波が消えていくような終わりだった。


最後に会った時に七原くんは言った。

「ミナ…俺、本当に悪いことしたよ。毎晩お前が夢に出てくるんだよ。『お前を許さない、絶対に恨んでやる』って何度も俺に言って来るんだよ…」

全く恨まない、と言えば嘘になる。私は本当に傷ついたから。
だが、私は七原くんのことを愛していた。どんなに苦しめられても。
惚れた者が負け、ではないが、全てを許すことにしてしまったのだ。

「いいよ。もう気にしないで。私は大丈夫だから。
私は……

やっぱりまだ七原くんのことが好きだよ。」

「本当に?」

七原くんは顔を上げた。

「うん、好きだよ。」

「ありがとう…」

「じゃあ、時間だから行くね。」

「俺も、帰るよ。」

「またね」



「またね」と言ったがその後、私は「もう会わない」と決めたのだった。

本当にそれが最後だった。
163
最初 前へ 160161162163164165166 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ