甘い毒
甘い毒
成人向アフィリエイトOK
発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/04/14
最終更新日:2013/04/14 04:16

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
甘い毒 第14章 ◆
私は悲しい気持ちになった。
でもこれは夢だ。
現実じゃない。


それからまたしばらくして見た夢では、私は七原くんを探していた。

会わなくなってから3年ほど経った頃の夢だ。

「七原くん、今どこにいるの?」

私が呟くと、彼がすぐ近くにやってきた。

「どこにいたの?会いたかったよ」

私がそう言っても彼は何も答えない。

「今、どこでどうしているの?また、誰かを傷つけていない?私と同じように…」

私は夢だと分かっていて聞いた。

「俺には…今大事な人がいるから」

夢の中の七原くんは静かに言った。

「俺は今はもう大事な人を傷つけたりしない。その人のことだけは守ろうと思ってる。」
159
最初 前へ 156157158159160161162 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ