甘い毒
甘い毒
成人向アフィリエイトOK
発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/04/14
最終更新日:2013/04/14 04:16

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
甘い毒 第14章 ◆
七原くんと会わなくなってから、時々私の夢の中には彼が出てくる。

初めて私の夢に出て来た時、彼は無表情で私の前に立っていた。

私にはそれが夢だと分かっていた。

「ねぇ、七原くん…会いたいよ」

私は夢の中の彼に向かって話しかけた。

しかし彼は俯いてしまい返事をしなかった。

それからまた夢の中を歩いていくと、しばらくしてマイケルが現れた。

学生服姿の、軽音部で楽しく遊んでいた頃のままのマイケルだ。

「マイケル、久しぶりだね」

私が声をかけると、マイケルは不機嫌そうな顔で私のことをちらっと見て言った。

「あいつに…七原に会いたいの?」

「うん…会いたいよ。」

私が答えると、

「あいつには今はまだ会わない方がいい。」

マイケルは目を合わせようとせずにそう言った。

「何故?」


「あいつは何も変わっていないから」

マイケルはそう言うとそれっきりもう黙ってしまった。
158
最初 前へ 155156157158159160161 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ