甘い毒
甘い毒
成人向アフィリエイトOK
発行者:美心(mishin)
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2013/04/14
最終更新日:2013/04/14 04:16

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
甘い毒 第14章 ◆
身体にまとわりつく布団が重くて、汗びっしょりで目を覚ました。

夢を見ていた。はっきり覚えている。

彼が出てきた。久しぶりに、昔のことを思い出したからかも知れない。

タクシーに乗って家に帰り着いた私は、風呂に入ってすぐに寝る用意をしてベッドに入ったのだった。

だが酔いが醒めてきてしまったせいかすぐには寝つけず、起きてトイレに行ったり携帯をチェックしたりを繰り返しようやく眠れたと思ったところだったのに。

時計を見ると時刻は午前4時45分。

眠りについて一時間経ったくらいだろうか。


これ以上彼のことを考えて不眠症になってしまっては嫌だ。不眠症どころか、もっとひどくトラウマに苦しんでいた日々に逆戻りしてしまったらと思うと怖い。

でも、私は年月を経て少しは強くなったはずだ。

今はもう、そう簡単に心が潰れてしまう自分ではない、と思いたい。
156
最初 前へ 153154155156157158159 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ