脳移植
脳移植
完結アフィリエイトOK
発行者:ヒナギク
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛

公開開始日:2010/05/31
最終更新日:---

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
脳移植 第1章 1.手術
 信号がなく、見通しの悪い道路の横断歩道を渡ろうとする一人の少年。黒の短髪で、凛々しい顔付きの彼の名は、秋山(あきやま) 健一(けんいち)。彼は私の双子の弟で、誰よりも大切な存在。そんな彼に、乗用車が猛スピードで接近していた。
 退けと言わんばかりにクラクションを鳴らす乗用車。
「健ちゃん、危ない!」
 私は彼を助けるために駆け出した。だが──。


 都内の病院。集中治療室の中で緊急オペを受けている健ちゃん。
まだかまだか──と、私が扉の上にある手術中のランプが消えるのを待っていると、願いが通じたのか、そのランプから灯りが消えた。
 扉が開いて執刀医が出て来る。
「私の健ちゃんは!?」
 執刀医は何も答えず、残念そうな顔でゆっくりと首を横に振るった。
 私の好きな、愛する弟が死んだ……?
「そんな……!」
 私の頬に涙が伝ってくる。
「彼を救う方法が一つだけあります」
「え?」
「幸い、彼の心臓はまだ動いてます。彼は事故に因(よ)る脳挫傷で意識不明の重体となってるだけなんです」
 私は安堵の溜め息を吐いた。
「そうですか。それで、どうすれば助かるんですか?」
「脳の移植です」
「脳の移植?」
「やりますか?」
「お願いします! それで健ちゃんの意識が戻るなら!」
「分かりました。ですが、一つだけ言っときます。この手術で、貴方は死にます」
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ