【moral】 /BL
【moral】 /BL
成人向完結
発行者:鵺央
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【moral】 /BL 第7章 そして、
「お父さんは不器用で言葉の足りない人だから…春樹、ずっと寂しかったのね」
姉の言葉に素直に頷いた。一人でいるのは寂しかった。本当はずっと帰りたかった。愛されたかった。両親に愛されたかった。必要なんだって、教えて欲しかった。楽しそうに幸せそうに笑っている姉が僕は羨ましくて、妬ましかった。家族に失望した僕の前に突如現れた、新しい家族。僕はそれに希望を見出し、愛情を欲したのかもしれない。あれほどまでの義兄への執着も、それが恋慕だったのかどうか、今ではわからなくなっていた。

 フェンス越し、病院への道を走ってくる制服姿が見えた。稔の通う学校の制服だ。僕の視線を追った姉も気付いたのか、一つ溜息を漏らした。立ち上がり、僕に手を差し出す。
「稔は、ホントに春ちゃんが好きなのね。春樹が死んだら自分も死んでやるって、脅されたわ。……手放しで応援するわけにはいかないけど、もう何も言わない」
姉の手を借り立ち上がると、松葉杖を両脇に挟みフェンスに背を向けた。僕の歩調に合わせてくれる、姉と並んで院内へ続く扉へと向かう。稔がやって来る前に、病室に戻れるだろうか?そんなことを考えて、自然に松葉杖が床を叩くリズムが速くなる。姉が少し困ったような顔をしてドアノブを掴んだ。
「時期が来たら、自分であの人に言いなさいね」
扉の軋む音と、姉の声が重なり大きな音と共に扉が開いた。



   ≪ 完 ≫
19
最初 前へ 13141516171819 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ