【moral】 /BL
【moral】 /BL
成人向完結
発行者:鵺央
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/06/05
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
【moral】 /BL 第6章 覚醒。
 暫し時間が止まった。姉は大きく眼を見開いたまま僕の顔を見ているし、僕は動きようもなくてそんな姉を見つめ返していた。ようやく姉が口を開いた。喉の奥から搾り出すような苦しげな声。左右にゆるゆると首を振りながら、姉が僕の頬に軽く手を当てた。
「あたしが稔を生む前に、お母さんあたしに教えてくれたのよ。どうしても、もう一人子供が欲しくて病院に通ったんだって……。お母さん、子供のできにくい体質で、何年も何年も病院に通ったのよ。諦めた矢先に春樹ができて、本当に嬉しかったって。春樹が生まれた時、お父さんだって、涙流して喜んでた。いらない子のわけないじゃない」
姉の声が遠くの方で響いた。なんの話をしているのか、一瞬理解できなかった。予定外…言葉の意味は「作るつもりはなかった」ではなかった?姉が怒ったような顔をして、言葉を続けた。
「大体ね、出産の苦しみがどんなものかわからないから、男はバカなこと考えるのよ。お母さんが春樹を出産した時は高齢出産に加えて、ものすごい難産だったのよ?そんな思いをして産んだ子が可愛くないはずないじゃない」
 僕は父の言葉の意味を履き違えてた。意味を取り違え、愛されていないと勝手に苦しんで、心を閉ざして。僕は一体、なにを見ていたんだ。今まで見えなかったものが、突然霧が晴れたように見え始めて来た。
15
最初 前へ 12131415161718 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ