神王~DANTE~ 【BL】
神王~DANTE~ 【BL】
成人向
発行者:仁蕾
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/05/29
最終更新日:2010/07/31 17:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
神王~DANTE~ 【BL】 第1章 捜索


「崖の下で良かったな。」


 のんびりとした危機感の無い声に、馬はまるで呆れているかの様に一声上げた。
 不意に耳に届いた水の音。音の方に進めば、川とは言い難いが透明な水が流れる小川。


「行こう。」


 上流へとゆっくりと進んで行く。進むにつれて川幅も徐々に広くなり、水量も増えて行く。どうやら主流は別の方へと流れているらしく、下流の水量の無さに納得した。
 その時。


 ――――帰レ。


 低く響く、地鳴りの様に轟く声。
 

 ――――此処は、貴様ラ下賎の輩が足ヲ踏み入れて良い場所デハなイ。


 辺りを見渡した所で、何も見えない事は明白だ。人の気配も無い。


「何者か!」


 叫ぶも空しく木霊するだけ。
 人だけではなく生き物自体の気配がを感じない。ただ、不可思議な感覚が体を覆い尽くす。異形の生き物ではない安らぎの感覚。
 同じ問いを掛けるがやはり答えは無く、再び声が響く事も無い。


「黒雲、行こう。」


 声を掛けても、馬は低く唸るだけで先に行く事を拒絶する。共に歩み始めてから長く経つが、初めての事だった。
 仕方がないと息を付き、馬の背から降りて地面に立つ。


「此処から動くな、いいな?」


 鼻頭を撫でれば、了承の意を示す為に小さく鳴いた。
 腰に刷く剣ではなく、ベルトに掛けている短剣を抜いて警戒しながら歩を進めて行く。
 ざわざわと空気がざわめくのを感じる。


(招かれざる客、か…。)


 轟々と激しく落ちる水の音と風の音。
 進むにつれ、霧は薄まって行き、急に視界が開けた。


「な…っ。」

「え?」


 つい零れてしまった言葉。カロンの視界に入って来たのは、青龍の額を洗う長い銀の髪の持ち主。
 カロンの声が聞こえたのか、振り返ったその人物は髪と同じ銀の目をした、中性的な顔立ちをした青年だった。



8
最初 前へ 567891011 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ