神王~DANTE~ 【BL】
神王~DANTE~ 【BL】
成人向
発行者:仁蕾
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/05/29
最終更新日:2010/07/31 17:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
神王~DANTE~ 【BL】 第1章 捜索
「此処に大人が居ないのは、何故だと思う?」


 そう問われ、ハッと気が付いた。
 今現在、〝聖女の館(サンタ=パラッツォ)〟には18歳以上の成人した人間がジェラルドしか居ないのだ。今の最年長は15歳。ロランの2つ上だ。


「ここの子供達は、18を迎えると共に外の世界へと還るの。その頃には力の制御が自由に出来ているから、此処に居る意味が無い。外に出て好きな事をやるの。旅に出る子、近くの町で商売を始める子。カロンの様に軍に入る子も居るわ。」

「でも、軍はぼく達の事を良く思っていない。」


 軍、と言うよりは世界があまり良い目で見ないのは事実。政府の人間であれば尚更だ。
 しかし、カロンは笑う。


「利用価値があれば関係無いんだよ。実際、俺が所属してる部隊は大半が〝忌子〟だしな。」


 衝撃の事実だ。
 混乱を引き摺るロランに、フーオンが噴水の所に居る事を伝え、部屋にはカロンと2人きりになる。対面ソファーに腰を下ろせば、静寂。


「さぁ、カロン。」


 口火を切ったのは、穏やかさが失せたジェラルドの声。


「今日の本当の目的は何。」

「…〝神獣〟が現れたらしい。」

「神獣…と言う事は、〝神王(しんおう)〟が生まれたと言うの?」


 〝神獣〟は、森羅万象の王である〝神王〟の隷獣。主の波動を僅かでも感知すれば、天界より舞い降りて世界に安寧を告げる存在。〝神王〟が男であれば〝ダンテ〟、女であれば〝ディーヴァ〟と呼ばれる。


「先の〝神王〟が崩御なされてから500年以上が経つ。〝神王〟が崩御なされたから、世界は雲海に包まれた。そして、子供達に奇異な力が宿り始めた。今更、〝神王〟がお生まれになられただなんて…有り得ないわ。」


 〝神王〟が崩御した後、短くて50年、長くても100年で新たな〝神王〟が世に生まれる。崩御した〝神王〟の森羅万象の力の影響が尽きてしまうのがおよそ100年前後である為、世界の秩序が崩れてしまわぬ様にである。


「俺も半信半疑の状態なんだよ。誰が言い出したのかさっぱりだし。そこで、ウィリーの力を借りに来たんだ。」

「〝神獣〟の向かった先、ね。」

「ご名答。」
4
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ