神王~DANTE~ 【BL】
神王~DANTE~ 【BL】
成人向
発行者:仁蕾
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/05/29
最終更新日:2010/07/31 17:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
神王~DANTE~ 【BL】 第1章 捜索
 カロンと名乗った男の外見は、20代前半と言った所か。赤茶の腰まである髪をひとつに束ね、軍属の証の一つである髪留めで留めている。琥珀の目が、まっすぐにジェラルドを見つめる。衣服の上からでも判る程に引き締まった体。何より、その圧倒的な存在感は、将官に就くのに相応しい猛々しさを兼ね備えている。その顔立ちは、鋭さを隠そうともせず、男らしく整ったものだ。


「軍の方が、この様な場所に何用ですか。此処は貴方方が〝忌子〟と呼ばれる子達の最後の拠り所。貴方方の様な軍の人間が訪れる所ではありません。」


 カロンの気迫に一切恐れをなさずに、ジェラルドはカロンの琥珀の目を睨み据えた。当のカロンは、少しばかり困った表情を浮かべる。


「あんたは変わらないな、ウィリー。」


 少しの間を置きクスリと笑った後、不意に砕けた口調へと変わったカロンに、ロランは驚愕と疑念の眼差しを向けたが、ジェラルドは冷たい表情から一転して正に聖女の微笑みを浮かべた。


「貴方も変わらないわね、カロン。」


 ロランは2人の間で視線を彷徨わせた。
 ジェラルドは大丈夫と微笑む。


「ロラン、この子はカロン。此処の元住人よ。」

「え…じゃ、アンタも…。」

「ああ、〝忌子〟だ。」


 パチンと指を鳴らせば、炎が浮かび上がった。
 訳が分からないと言った表情でロランがジェラルドに視線を向ける。
3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ