神王~DANTE~ 【BL】
神王~DANTE~ 【BL】
成人向
発行者:仁蕾
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/05/29
最終更新日:2010/07/31 17:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
神王~DANTE~ 【BL】 第5章 課題

 溜息混じりに呟いた時、不意に周囲の空気に違和感を感じた。
 強い視線を感じる。顔を上げた時。濃い闇を背負った白銀の煌きを捉え、ヒュッと喉が鳴った。
 風を纏う白い虎。その背に腰を下ろすのは、白銀を纏う青年。同じ色の目が、無慈悲に見下ろしている。しかし、その口元には愉快そうな笑み。
 肌が粟立つ。視線の先の誘う様な甘く芳しい花に。
 何かに囚われたかの様に、手足が動かない。否、全身が動こうとする意思を拒絶する。


「愚かな人…。」


 青年の声が朗々と響いた。張り上げている訳でもないのに。


「我が身を天に捧げたいか?」


 傲慢でいて、尊厳。
 無垢でいて、凄艶。


「あ、貴方は…〝神王〟。天に御座(おわ)すべき存在。故に、森羅万象は満ち行く。」

「愚かなる人間達は、〝我等〟の真なる望みを裏切る。故に、玉座から退いたは道理。」

「望み…?全てを制する貴方が、何を望むと言うのですか。」

「…その答え掴みし時、お前は〝我等〟の絶望を知るだろう。…〝神王〟は、既に世に不要なり。」


 青年は僅かばかりの寂寞を笑みに乗せ、その姿は風に浚われた。


「望み…絶望…〝神王〟が世界に要らない存在、だと…?」


 カロンの視線は未だに上空を見上げていた。
 その時、肩に微かな痛みを感じ、目を向ければ満足そうな顔をした仔馬が、不思議そうな表情をしてカロンを見上げていた。


「あ、ああ…もう良いのか?じゃ、戻ろう…。」


 カロンと仔馬はゆったりとした足取りで、厩へと向かう。
 しかし、カロンの胸中は焦燥感で埋め尽くされていた。
26
最初 前へ 23242526272829 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ