神王~DANTE~ 【BL】
神王~DANTE~ 【BL】
成人向
発行者:仁蕾
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他

公開開始日:2010/05/29
最終更新日:2010/07/31 17:07

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
神王~DANTE~ 【BL】 第4章 遊戯
  ◆


 青ノ滝から何千kmと離れた位置にある風の渓谷。深い絶壁の途中の岩場にある洞穴。
 僅かな足場に光の粒子が集まり、人の形を成すとポウンと柔らかな音を立てて弾けた。
 そこにはシェオルと人型になった羅雫、そして同じく人型になったクレアの三人が立っていた。


『お寝坊小僧は起きてるかねー。』

『遊羅だもん、起きてるわけないよ。』


 ふん、と息を荒くする羅雫に、シェオルは苦笑を禁じえない。
 足を進め、洞穴の中へ入って行く。広い鍾乳洞。洞内は闇に隠されている。


「遊羅?」


 鍾乳洞内にシェオルの声が響くと、唸る様な風の音が奥の方からこちらに翔けて来る。風の塊がシェオルの正面で渦を巻き、逞しく太い足が地面に着いた。そこに立っていたのは、純白の毛皮に覆われ、黒の縞模様をあしらえる翡翠の目をした雄々しい大きな白い虎。グルグルと低く唸る姿は恐ろしさを助長する。
 が、白い虎は甘える様にシェオルの腹部に頭を摺り寄せた。


「起きてたんだね、遊羅。」


 シェオルの言葉に、遊羅と呼ばれた虎はきょとりと瞬くと、首を数度横に振った。


『シェオルの声で起きた。』


 ザラリとした舌が、頭を撫でていたシェオルの掌を舐めた。


『ちょっと、遊羅。そのデカイ図体、どうにかならないの?』


 クレアの苦情に、遊羅は「ゴメン。」と素直に謝罪をすると、軽い音を立てて人の形を取った。腰まである波打つ白の髪に、少し垂れ気味の翡翠の瞳。その顔は精悍な男の顔立ちをしているが、中身はほんわりとした男である。身長は一九〇はある。


『どっちにしても、デカイ図体に変わりは無いね。』


 羅雫が溜息混じりに呟けば、クレアは溜息を付き、シェオルは苦笑を浮かべた。
 遊羅はシェオルの体を、自分の腕の中に閉じ込めた。
21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ