花粉症について
花粉症について
アフィリエイトOK
発行者:コバ
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:  アトピー性皮膚炎、うつ病、がんの根本療法、その他の健康104

公開開始日:2012/11/21
最終更新日:2013/08/27 21:26

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
花粉症について 第1章   花粉症になる人と、ならない人
  花粉症になる人は 花粉を異物、害物と体が感じて、反応してしまう

  (ヒスタミンとは、免疫系に関係する信号伝達物質で、通常は、のどや鼻粘膜の上皮に多い肥満細胞や好塩基球などに顆粒として存在しています。音や光といった外部刺激や、空腹、体温の上昇といった内部刺激、アレルゲンの侵入などにより、ヒスタミンが放出されますす。

作用としては、血圧降下、平滑筋収縮、血管拡張などがありますが、これが過剰に放出されると鼻水、かゆみ、、気管支収縮といったアレルギー症状を引き起こします。これは放出されたヒスタミンが、ヒスタミン1型受容体(H1受容体)というたんぱく質と結合することによって起こります。抗ヒスタミン剤は受容器の接着部分を覆ってしまうことで結合を防ぎ、症状を抑えます。

身体が、異物、害物とそれほど、感じなくなる、体質を作るしかないのではないでしょう

か、強く感じすぎると、ヒスタミンを多く出してしまいますから。

 ほどほどに感じる体質を、食べ物、薬草、漢方薬、中国療法などで治せるかどうか、考

えていきたいと思います。これが、1番安全な方法です。

治る方法、これで治ったという経験が1番大事です。
1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
 ##r023
ページの先頭へ