春夏秋冬 Ⅱ
春夏秋冬 Ⅱ
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/05/27
最終更新日:2012/07/12 19:23

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 Ⅱ 第1章 写真


「陛下がいらしているとは知らず、失礼致しました」


この避暑地には陛下がおられるといった情報はなかった。
貴い身分の方だから、休暇と言えど、その行動は管理され警備もされているはずだが、今の弥生様は妙なぐらい身軽だ。



「今日は本当のオフなんだ。
取り巻きはすべて置いてきてしまったよ」


弥生様はやれやれと肩を竦めて見せた。


「君が今日私に会ったことを口外しなければ、私は城の自室で怠惰な休日を過ごしていた事になる」



「陛下っ
まさか、黙って出てこられたのですか?
護衛の一人も付けずにっ!?」


まさかと思うが一国の王が、一人の供も連れずに出てきてしまったのだろうか!?


自分の声がみっともなく裏がえり、光が脅えてるが、誰より俺が驚愕していた。



「そう言わないでくれ。
私は元々王位継承権のない三男坊でね。民に下るつもりでいたぐらいだ、今の生活は時々肩が凝る」


「‥‥」


‥開いた口が塞がらない。
‥だけど、そうだった。

俺とつき合っていた頃、この方はまだ皇太子ではなかったけど、それにしたって皇族が花街の居酒屋で普通に飲んでいたのだ。
この方は初めて会った時からこうだった。


弥生様は少しも歳をとった気配のない顔をにっこりと緩め、俺と光を見やった。


「月白殿、立ち話もなんだ。
可愛い彼氏も一緒にうちに来ないか?
冷えたワインぐらい出せるぞ」


「いえ、私のような者が陛下のお宅に窺うわけには」


「上司の誘いは素直に受けるものだ。
知らない仲でもあるまいし」



強引な言葉の割に、弥生様の口調も表情も軟らかくて、張っていた肩の力が抜けた。

しょうがない、と自分の心の中だけでため息をはいた。

目の前の光景は未だに信じがたいが、いつだって事件はそんなものだ。



今日は光と二人で、のんびり避暑地の休日を楽しむつもりだったのに、光には後で埋め合わせが必要だろう。

だけど、自分の中にも弥生様と話したい気持ちはあった。




彼は、まだ俺が学生の頃に泣いて別れた年上の恋人だった‥。



3
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ