春夏秋冬 Ⅱ
春夏秋冬 Ⅱ
成人向
発行者:ほおずき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:恋愛
シリーズ:春夏秋冬

公開開始日:2012/05/27
最終更新日:2012/07/12 19:23

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
春夏秋冬 Ⅱ 第1章 写真

弥生様とつき合っていた頃、ベッドで写真を撮ったことがあった。それは現像した後は、ねがを焼いてしまった写真だ。
そして、別れる時に2人で写った写真はすべて焼いてしまった、お互いのために。


だからまさか、8年も建ってからそれが出てくるとは思わなかった。


















「‥皓様?」


隣で光が訝しげに首を傾げて、突如動きを止めた俺をのぞき込んだ。
だが、俺はまさに今自分の目の前にある光景が信じられなかった。





「陛、下‥?」


王都に君臨するはずの陛下が何故、今、俺の前でくつろいでおられるのだろうか‥。


俺は光と遊びたい一心で仕事を無理やり片付け、一泊二日でこの避暑地に遊びに来ていた。

付き添いは潔だけの、完全なプライベート旅行だった。


なのに何故か目の前に、陛下がいた…。



「やあ、
誰かと思えば月白のご当主じゃないか、久しいな。
私は休暇だよ。
ごく個人的に、ここに別荘を持っていてね。まさか君に出くわすとは思わなかったな」



‥目の前の方は八年前に別れた時のままだった。

恋しく憧れたあの頃のままだった。



1
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ