SITIGMA Side-Koichi Vol.1
SITIGMA Side-Koichi Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/05/10
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
SITIGMA Side-Koichi Vol.1 第2章 1
「めずらしそうに見るものなんてないだろ? 幸一君の所と、ほとんどつくりは同じだろうし」
 おじさんはまた笑いながらそう言って、ぼくの頭の後ろから手を回して、ほっぺたをさわって、自分の方に引きよせた。ぼくはよろっとして、おじさんによりかかってしまって、あわてて肩をはなしてちゃんと立った。今までなら、他の人なら、きっとぼくはこんなことされたしゅん間、反しゃ的に体に力が入って、逃げてしまうのに。今日のぼくはおかしい。でも……いつものぼくがおかしくて、普通の小学四年生なら、こうなのかな。ぼくは普通じゃないから、普通がよくわからない。
「でも、本が一ぱい……うちにはこんなの、ないです」
「ほとんどお仕事の本で、おもしろくはないよ」
 おじさんは笑いながら、ぼくの後ろに回って、ぼくの両肩に手をそえた。何でぼくにそんなことするの? ぼくはどうして逃げようとしないんだろう?
「……でも、マンガも……」
「ああ、好きなんだよ。幸一君みたいな子どもが好きそうなやつも。幸一君はマンガ好き?」
 ぼくはうなずいた。でもうちにはあんまりない。おき場所がないし、お金もない。学校のみんなには内しょにしているけど、お母さんはおこづかいをほとんどくれない。外でごはん、食べてこいとか、買いもの、させるときだけお金をくれる。ぼくはそういうお金から、少しずつのこして、ためて、たまにマンガを買う。あとは立ち読みする。それでもあんまりおこられない本屋さんが近くにあるから。普通の本は、図書館で読む。
「幸一君が好きなのがあれば、かしてあげるし、まあここで好きなだけ読んでかまわないよ」
 ぼくはすごくうれしいと思うと同時に、とまどった。そう言われても、たぶんぼくは自分からここに、遊びには来られないと思うし、何でおじさんがそんなことを言ってくれるのか、わからなかった。
「でも今はちょっとね。せっかく遊びに来てくれても、一人でマンガ読まれちゃつまらないしね。後にしようか。好きなのあるかな? どんなの好きか、聞かせてくれよ」
 おじさんはぼくの両肩を押して、本だなの前に連れて行った。
 古い、手塚治虫のやつから、今アニメではやっているやつまであった。
「好きなのある? どれ?」
 おじさんの顔が、ぼくのまよこに来る。ぼくはきんちょうして、ろくにしゃべれなくなって、ただ、指さすだけ。
9
最初 前へ 6789101112 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ