SITIGMA Side-Koichi Vol.1
SITIGMA Side-Koichi Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/05/10
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
SITIGMA Side-Koichi Vol.1 第2章 1
 ちゃんと返事もしないぼくの手を、おじさんはにぎって、引っぱる。無理やりっていうほど、力は入っていないのに、ぼくの体はかっ手に動いて、おじさんの後についていってしまった。ずっと手をにぎられたまま、ぼくはエレベーターに乗った。部屋までの間も、「学校の勉強は、何が好き?」とかきかれて、ぼくは何も答えられなかった。どきどきした。はずかしがる理由なんかないはずなのに、何だかはずかしかった。「全部きらいなのかな?」とか言って、おじさんは笑った。ぼくはますますはずかしくなって、うつ向いて、どうしてかわからないけど、ただにぎられていた手でおじさんの手を、強くにぎり返してしまった。そんなの初めてで、ぼくはあわてて手の力をゆるめた。おじさんはぼくがからかわれておこったと思ったみたいで、「ごめんごめん。本当は全部とく意なんだろう? 幸一君かしこそうだものな」とか言う。ぼくは強く首をふった。おじさんは笑って、幸一君かわいいなあ、って言った。ぼくははずかしいを通りこして、わけがわからなくなった。そんなことを言われたのは、生まれて初めてだったし、言われるはずのない言葉だったから。ぼくは手に一ぱい汗をかいて、顔が熱くなった。

 おじさんの部屋のドアは、となりのぼくの部屋と、当たり前だけど全く同じで、部屋の中もたぶん、ほとんど同じのはずだ。おじさんは一人ぐらしらしい。おくさんは早くに死んで、子どももできなかったんだって。一人だったら、かなり広いと思う。大学の先生して、本を書いて、ほんやくもしているおじさんは、きっとお金もちなんだと思う。でもおくさん死んじゃって、ずっと一人だったんなら、さびしいんじゃないかな、仕事も家で一人でしてたら、かなしい気もちになる時、ないかな、って、ぼくはちょっと思った。でもおじさんは偉い人で、大学で生徒を教えて、新聞に意見を書く。きっとたくさんお友だちもいて、そんけいしている人も、多いはずだ。ぼくと似たような気もちになんかなるはずがない。さびしいとかかなしいとか思っても、ぼくのそれとは全ぜんちがうはずだと思う。

7
最初 前へ 45678910 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ