SITIGMA Side-Koichi Vol.1
SITIGMA Side-Koichi Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/05/10
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
SITIGMA Side-Koichi Vol.1 第2章 1
「幸一君、おとなりだから、いつでも遊びにおいでって言ったのに、ちっとも来ないよね。おじさんさびしいな」
 また頭をさわられた。ぼくは動けないし、逃げられない。こわい。
 たしかにおじさんは、あいさつに行ったとき、そんなことをぼくに言った。けどそんなの、ただのあいさつのうちで、本気なわけないってその時思ったし、今も思っている。
「……あの、でも、おじさん、お仕事忙しい……でしょ?」
 ぼくは一生けん命言葉を探して、やっと言った。
「あれ、言わなかったっけ? おじさんは今、大学には週三日しか行ってないんだ。後のお仕事は家で、パソコンで本を書いたり、勉強したりだよ。けっこう家にいるんだ」
「でも……家でも、お仕事……」
 おじさんはずっとぼくの頭をなでている。どうしていやそうにできないのか、ぼくにはわからない。そうすれば大人はみんな、こんなこと続けないのに。
「いつでもいいんだよ。夜中にお仕事することもある。夕方はね、けっこうひまだ。こうして、さん歩したりしている。幸一君もひまそうじゃないか。ずっとこんな所で一人でさ」
 いつからぼくを見ていたんだろう。どうしてぼくにそんなにきょう味をもつんだろう。ぼくはとうめいなはずなのに。
「よかったら今からうちにおいでよ。晩ごはんまでに帰れば、大丈夫だろ?」
「え……あの……」
 ぼくはおじさんの目を見ないようにもっとうつ向いた。大丈夫も何も、晩ごはんは冷凍してあるごはんと、おかずをレンジでチンするだけで、一人で食べる。だいたい六時半って、自分で決めているだけだ。お父さんかお母さんが帰ってくるのは、だいたい八時過ぎてからだ。遅いと十二時だって過ぎる。

 ぼくは……ぼくはちょうど、一人ぼっちがかなしいな、って、思わなくていいのに、思って、かなしくなっていた所だった。遊ぶ友だちだって、ぼくが好きなわけじゃないし、他の子と入れかわっても、全ぜん関係ない。でもだれかと一しょのほうがいいなって思うから、ぼくは五時まではいつも、学校で遊んでいるんだと思う。おじさんの家も、自分の家に帰るより、一人で部屋にいるより、もしかしたらいいかもしれない。とにかくぼくは今つらくて、かなしい。
6
最初 前へ 3456789 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ