SITIGMA Side-Koichi Vol.1
SITIGMA Side-Koichi Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/05/10
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
SITIGMA Side-Koichi Vol.1 第2章 1
 見おぼえのある男の人だな、って一しゅん、思って、すぐ、マンションのおとなりのおじさんだとわかった。まっ黒い、上等そう背広をきていて、シャツも灰色系。お父さんよりちょっと、年上の感じで、何だかこわい人、って、ぼく、最初引こしのあいさつに行ったとき、感じた。お父さんとお母さんは、このおじさんが好きみたいな顔をしていた。インテリだから。でも本当は少し、やきもちやいてると思う。週に何回か、大学で先生をしていて、本も書いていて、新聞にも文章がのることがある人らしい。英語の本のほんやくもしているって。お父さんとお母さんはこのおじさんと話したがるし、仲よくなろうとしているけど、相手にされないと、とても不満みたいだった。

 おじさんにはもう一つ特ちょうがあった。足が片方、あんまり動かなくて、歩き方で、遠くからでもあのおじさん、ってわかる。走るのもできないみたい。つえをもって歩いている。

 おじさんに引っこしのあいさつをさせられた時、おじさんはしゃがんで目の高さをぼくに合わせて、ぼくをじっと見て、笑って、頭をなでた。ぼくはそういうのがきらいで、すぐに逃げちゃうくせがあった。体を人に、特に大人の人にさわられるのがきらいだった。でもこのおじさんになでられたとき、ぼくは少し後ろに下がるとかもできなくて、されるままになでられてしまった。手をさし出されて、ぼくはあく手までしてしまった。目立たないようにしかたなくするんじゃなくて、自ぜんに手が動いてしまった。おじさんの手は大きくてあたたかくて、何だか必要以上に力が入っているように思えた。それ以来、ぼくはこのとなりのおじさんがこわかった。あいさつからこっち、話もしたことがない。遠くからおじさんが笑顔であいさつするのに、ちょっと頭を下げるくらい。

「幸一君。こんにちは」
 おじさんはやっぱり笑顔で、こしをかがめて、目の高さをぼくに合わせて、話しかけてくる。
「あ……こんにちは」
 ぼくはもじもじしながら、頭を下げた。おじさんと目を合わせないようにしているけど、すごく見つめられているのがわかって、なんだか落ちつかない。どきどきした。とうめいなまま、ほうっておいてくれればいいのに、どうしておじさんはぼくにこんなに近づくんだろう?
5
最初 前へ 2345678 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ