SITIGMA Side-Koichi Vol.1
SITIGMA Side-Koichi Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/05/10
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
SITIGMA Side-Koichi Vol.1 第2章 1
 三年生の終業式のあと、二人とぼくは引こしして、新しいマンションに住むことになった。ぼくは四年生の始業式から新しい学校に通うことになったから、前の学校でも、新しい学校でもめんどうなあいさつをする必要もなくて、目立たなくてよかったから、とても助かった。
 みんなぼくのお別れ会なんてめんどうに決まっていた。ぼくはいつも、なるべく目立たないようにしてきたから、学校休んでもだれも気にしないし、四年生からいなくなっても、だれもさびしがらないし、かなしまないし、気づかない子の方が、きっと多いと思う。新しい学校でも、できるだけ目立ちたくなかった。目立つときっと、みんなぼくをきらうと思うから。なんでいるの? とか思われると思うから。そうなると、いじめられたりするかもしれない。そういうのはぼくもつらいし、先生にばれたら、いじめた子も、先生もとてもめんどうなことになる。それよりなにより、先生からそういうことが、二人にばれるのが一番いやだった。

 勉強は、普通にやればちょうどまん中ぐらいになる。運動はあんまり得意じゃないから、一番ビリになったり、みんなの前で大きな失敗をしないように、けっこうがんばらなきゃいけなくて、体育はあまり好きじゃない。
 だからってぼくは、だれにもネクラとか思われていない。そう思われないように、気をつけている。休み時間やほうか後には、校庭でドッジボールやサッカーをして、みんなと遊ぶ。たくさんしゃべると、きっとぼくは変だってだれかが気づくんじゃないかと思うから、なるべくしゃべらないで、男の子同士だけで、体を動かして遊ぶ。今まで、クラスに一人は、だいたい、すごく汚くてだらしないか、ひどく運動おんちか、気が弱すぎるとかで、いじめられちゃう子がいた。あと、びっくりするようなうそつきとか。かわいそうだと思うけど、そういう子さえいれば、ぼくはよけい、がんばらばくてもとうめいになれるから、ほっとした。
 背は、男子の中では少し高い方。ちょっとだけ太っているかもしれないけど、服をぬがないとわからないくらいで、他に「デブ」の子が何人かいるから、大丈夫。身長が高くなりすぎても、太りすぎても目立っちゃうから、おかしは食べすぎないように、あとは、その意味でも、休み時間外で遊ぶようにしている。

2
最初 前へ 1234567 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ