SITIGMA Side-Koichi Vol.1
SITIGMA Side-Koichi Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/05/10
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
SITIGMA Side-Koichi Vol.1 第2章 1
  †

 時間はすぐにたって、七時を過ぎて、「晩ごはん、食べていくか」って言われたけど、さすがにことわった。マンガとか本を借りて帰ろうと思ったけど、もちろん全部もてる数じゃなかった。
「一冊だけ、もって帰りな。それ返しに来て、また借りればいい。何回も言うけど、うちで読んでもいいよ。おじさんがひまなときに、一人で目の前で本読まれてもさびしいけど、仕事してる時なら、逆に好きなだけ本を読んで、一人でゲームしてもかまわないしね」
 何でこんなに、おじさんはぼくにやさしいんだろう。他人なのに。ただおとなりなだけなのに。ふしぎだったし、何だか後で、かわりに悪いことがありそうな気がして、こわかったけど、ぼくはどうしても、おじさんの部屋に遊びに来るのをこれっきりにはできなかった。一冊だけ本を借りれば、明日には返しに来られるし、来なきゃいけない。そうしたらまた、おじさんはぼくを家に入れてくれるかもしれない。今日だけの気まぐれで、今日の、いつもと違ってしまったぼくを、おじさんがきらいになったんじゃ、なければ。

 マンガ本一冊なんて、あっという間に読み終わってしまう。三冊くらい借りればよかったって、読み終わって思ったけど、どっちみち明日、行くんだ。続き、借りるんだから、かまわない、と思ってふとんに入った。ごはんは一人で食べたし、それからぼくはトイレとおふろに入るのに部屋を出ただけで、一度もお父さんともお母さんとも顔を合わせなかった。玄関のドアの音なんかで、二人がどっちも九時くらいに、もちろん別別に帰ってきたらしいって、わかっただけだった。 

13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ