SITIGMA Side-Koichi Vol.1
SITIGMA Side-Koichi Vol.1
成人向完結
発行者:とりさん
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:その他
シリーズ:STIGMA

公開開始日:2012/05/10
最終更新日:---

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
SITIGMA Side-Koichi Vol.1 第2章 1
「へえ! そうか。おじさんも好きだよ。もってるの? 全部読んだ?」
 ぼくは首をふった。また少しかなしい気もちになった。
「ないのか……じゃ、全部かしてあげるよ。それともうちで読む?」
 ぼくはうれしかったし、読みたかった。けど、返事できなかった。
「遠りょ深いなあ。おとなり同士で何も、そんなに気をつかうことないよ。これかいてる人のマンガだと、他に……」
 おじさんはマンガにとてもくわしかった。ぼくはやっと、そのマンガのどういう所が好きで、とかいう話を、おじさんにきかれるままにだけど、話すことができた。こんなにしゃべったこと、生まれて初めてだった。だんだんぼくは、こうふんしてきていた。一人で思うだけで、だれにも話さなかったことを、おじさんに話す。おじさんは笑顔で、聞いてくれた。いつの間にかおじさんをこわいと思わなくなっていた。
 おじさんはぼくを、たたみの部屋にもあん内してくれた。そこはうちと違って、本だらけ。マンガも一ぱい。リビングと違って、かなりちらかっていたけど、ぼくには宝の山に見えた。大人になったら、好きなだけ自分の本やマンガを買って、家におけるようになれたらいいな、とか思った。
 ぼくは読みたいこうほのマンガや本を一ぱい選んだ。いろいろ、マンガの話、しながら。おじさんとぼくでそれを、リビングのすみに運んで、つみ上げた。
「意外とよくばりだなあ。幸一」
 おじさんはまた、ぼくの頭をちょんとついた。ぼくは赤くなったと思う。
「……ごめんなさい」
 ぼくがうつ向いてぼそぼそあやまると、おじさんはしゃがんで、ぼくの正面に回り、ぼくのほおに手を当てて、ぼくの顔を下から、のぞきこんで、言った。
「いいんだよ。きんちょうがとけてきたしょうこだ。幸一が楽しくなった方が、呼んだおじさんもうれしいに決まってるだろ?」
 そう言われて、ぼくははますます、顔が熱くなった。おじさんはやさしい。こんなにやさしくされたのは、ぼく、初めてだった。だれにでもやさしい人なんだろうか。だったら何で、ぼくは最初この人を、こわいと思ってしまったんだろう。

10
最初 前へ 78910111213 次へ 最後
ページへ 
NIGHT LOUNGE5060
ページの先頭へ