創作話 「ゆる坂の狐」
創作話 「ゆる坂の狐」
アフィリエイトOK
発行者:たけぼんだぬき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:創作物語

公開開始日:2012/05/06
最終更新日:2012/12/29 15:57

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
創作話 「ゆる坂の狐」 第6章 第六話 「夢かうつつか」
そこにあったのは

元の 見慣れた

山道と 村一番の

大きさの 一本の

松の木 その根元に

彼は寝転がって

眠っていた事に

気がついた


次の瞬間・・・

草むらの 陰から

真っ白な 豊かな

尾を持った 狐が

姿を現した


愛くるしい その顔は

彼には 彼女そのものに

見えた よーく見ると

狐は 少し 腹が膨れていた


狐は 我が腹を愛しむように

前足で撫でると 彼を見て

にっこりと 微笑んだ

彼は 昨夜の事を

想い出し 少し背中に

電気が 走った気がした


ただ 狐は 大きく

コーーーンとなくと

そのまま 草むらの中へと

消えて行った


彼は 唖然とした顔で

やはり 俺は・・・

狐に化かされたのだと

ようやく 気がついた


-------つづく---------
21
最初 前へ 18192021222324 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ