創作話 「ゆる坂の狐」
創作話 「ゆる坂の狐」
アフィリエイトOK
発行者:たけぼんだぬき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:ファンタジー
シリーズ:創作物語

公開開始日:2012/05/06
最終更新日:2012/12/29 15:57

アフィリエイトする
マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
創作話 「ゆる坂の狐」 第4章 創作話 「ゆる坂の狐」 第四話
東側の 庭先から 夕闇が広がる

木々の枝は 山特有の冷気を

もたらし 池の水面を 撫でる


波打つ 水面に また 見事な

鯉が 今度は二匹 クロスするように

飛び跳ねた


一体 誰が 灯したのか

庭の石灯籠に 揺らめく

淡い 光り


弱々しい その灯りに

照らし出された 小路

小路は 月のあかりに

白く 浮かび上がり

池の周りを取り囲む


池の上には 橋が架かっている 

静寂の星 青く輝く月

彼は その世界に浸りきる


ふと 気づくと 後ろに

娘が 卓袱台 を用意し

食卓には 豪華な料理が

所狭しと 並べられる


芳ばしい 焼き魚

山菜で つくられた煮物

味噌汁 等 振り返った

彼は これは これは・・・


こんなご馳走は 久しぶりです

ありがとう と頭を下げた

背後の 池から また

鯉が 跳ねる音がした


ささ お召し上がり下さい

娘は 彼を食卓に案内すると

彼の 茶碗にごはんを装う

部屋の灯りに 灯された

ご飯は キラキラと光り

いかにも 旨そうだ

------つづく-------
13
最初 前へ 10111213141516 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ