POEM「春夏秋冬 思いのままに」
POEM「春夏秋冬 思いのままに」
成人向
発行者:たけぼんだぬき
価格:章別決済
章別決済は特定の章でのみ課金が発生いたします。
無料の章は自由にお読みいただけます。

ジャンル:詩
シリーズ:短詩系冊子です。

公開開始日:2012/05/04
最終更新日:2014/12/30 14:43

マイライブラリ
マイライブラリに追加すると更新情報の通知など細かな設定ができ、読みやすくなります。
章一覧へ(章別決済)
POEM「春夏秋冬 思いのままに」 第7章 第7章 生き様 四季総合編
ふわーーー と

何の音も立てず

細い 足が

その身を 支えている


切り株の 合間に

見える 大地を

その尖った 嘴を

突き立てて いる


ダンスを 踊るような

足取り 華麗な仕草

冬の 大舞踏会


見ているだけで

飽きることがない


寒風が 背中を押す

前へ ゆけという

歩めと いう


小さな旅すら

楽しませくれないのか


風は 悪戯っぽい

顔を見せて

背中を 押している


世の中に 安楽の地はないと

言っていた 友の顔が浮かぶ

一つ 二つ

大地が 跳ねる


夕暮れは もうすぐ

黄昏の 中に

消えてゆく


朧な 里の山蔭も

漆黒の山の中に

消えてしまうのだ


それでも 胸の中だけは

あったかさを 感じている

不思議な 感覚の中に

やっと 聞こえてくる


列車の 鼓動

渇いた 汽笛

あゝ 生きている


冷え込んできた 腹に

術後の 傷が 痛みだす

私の 足も 少しだけ

早足になる


もうすぐ そう・・・

もうすぐ 我が家

あったかな 部屋に

深い 願望を感じつつ


早足になってゆく

小さな 旅も

もうすぐ 終わる


ゆったりと 寛げる

大切な この時間を
32
最初 前へ 26272829303132 次へ 最後
ページへ 
ページの先頭へ